研修生

4月から無理のない範囲で研修生が来てくれています。うちとしてはいつも通りの農作業。話しながら作業をしていると違った視点もあり、けっこう楽しい。...

愛を語る

夏は見学の方が多く来られました。自分で鶏舎を案内していて気づきました。ニワトリへの愛を語っている自分に。とにかくニワトリが生き物らしい暮らしを営むことができるか、ということにつきます。どうしても値段は高くなってしまいますが、ニワトリの暮らしの質を下げるわけにはいかないので。...

改めて気づきます

見学の方が来ると改めて自分の気持に気づくところがあります。なぜ移住したのか。けっこう若さと勢いで来ました。なぜ養鶏をしようと思ったのか。ニワトリが好きだから。経営的に考えて、とかが一番に出てこないのが僕らしいな、と言われました。理論整然と考えぬいて暮らしている、よりもまぁ、楽しいから旭にいます。そんな感じ。...

時間もとられるけど

年末年始、見学に来られる人が数組ありました。鶏の飼い方の勉強に。将来農業したいから、見聞を広げに。見学を受け入れて、売上が上がるわけではないんですが、農業や鶏が好きな人たちとお話しするのは純粋に楽しいです。素敵な時間をありがとう(^-^)...

見学の説明

今日は久々にほかの農家さんの見学。あぐりママ(豊田の女性農業者の集まり)にはるちゃんが入っているので今回はそれにくっついていきました。池野養鶏さん。小原で養鶏をされている大先輩。子供たちに説明するエサが既に、見学者用に用意されている。こういうのはいいところ。見習おう。いろんなところに行くことは勉強になります。特に養鶏のところは比較対象にもなりますし、良いところはパクリます(笑)...

見学ラッシュ

あたしモモ!よこえ家の看板娘1歳半です。だれでも大歓迎!いつでもおなかを見せて対応いたします。よこえ家には人が見学にやってきます。先日は「ミライの職業訓練校」の説明会で30名ちょっとの人たち。わたし、いろんな人になでてもらって最高に幸せ。今日も宅配の方で見たいって人と明後日も、レストランで卵を使いたいって人がくるみたい。犬好きの方お待ちしてます♡モモより...

研修生を募集しています。

6月から研修生が来る予定でしたが、諸事情で延期になりました。ので、改めて研修生を募集しています。...

いつの間にか先輩に。

今日は県が行う新規就農者相談会。先輩として、事例紹介で行ってきました。もうすぐ5年目に入るんですが(移住して)、もう先輩になるんですね。一言で就農といっても動機も状況も様々。僕らは就村、という感じに近いかも。豊田市内と旭地区ではまた就農の意味合いも違ってきますしね。就農っていう形にとらわれずに、家庭菜園でも何でも楽しく農業とお付き合いして暮らせればいいですね。...

今年のオイスカ中部

今年も勘八町にあるオイスカ中部日本研修センターの海外研修生たちが見学にやってきました。個人差はありますが熱心です。オイスカの良いところです。我が家の加工品と養鶏、野菜など。しょうゆ、みそ、ジャム、梅干しなどの見学は毎年女性研修生に人気がありますね。男性陣は養鶏の見学になると元気を発揮します(笑)自分が勤務していたころの研修生たちが現在アジア各国の現地では指導員として活躍している人もいます。そんな話...

そろそろ研修生?

先日も9家族ぐらいの方々が子連れで見学に。久々です。子供に土と触れ合う機会を増やしたい、とのこと。どんな目的でも、ご興味があれば見学にどうぞいらしてください。観光農園ではないです。ただの自営農家なので遊び感覚ではなく、です。「素敵~空気がいい。癒される。ニワトリのオスがかっこいい」など良い言葉を聞くと嬉しい半面「これが日常で、毎日だと・・・」とバランスを保つ言葉を言ってしまいます。それも事実ですし...

久々の空気

先日オイスカ中部日本研修センターの指導員の方と海外研修生たちが見学に来ました。味噌やしょうゆ、梅干しなど加工品を見た後、ニワトリや畑の見学。エサの配合比率を聞いてくる見学者も珍しいです。それだけ熱心なんでしょう。久々の空気ですね。オイスカ研修生たちの良いところは・日本人より日本人っぽい。・日本語が(それなりに)通じる。・農業の未経験者ではないので、農業の中身を理解してくれる。もちろん個人差もあるし...

8月は見学者が多数

8月は見学の方が多く来園。個人で団体で。愛知から東京から。いろんな目的で来られます。みなさん共通しているのが・「生き方」を考えている・就農に関心があることですね。就農することが目的ではなくあくまで形。結果でしかないです。真っ白な方々と話していると改めて自分自身の気持ちに気づくところがあります。ニワトリのえさで説明してい時、「なんで豊田市産の飼料米を使用しているのか?」うーん。「政治経済には左右され...

やまっこくらぶ第一弾

やまっこくらぶ、という名目で子供が農山村へ来て体験するというもの。初の受け入れ。市内の子供たち16人ほど。ニワトリを見たりつくしや、ヨモギをつんだりうちのタマゴをゆで卵にしたり。うちの農園は、山の中。電気も、ガスも水道もトイレもありません。だから(?)楽しそうにしてました。つい2年ほど前まで耕作放棄地だった場所にこれだけの人がワイワイ集まって、何かしようとしているのに、感慨深いものがありました。う...

ホームページの威力

最近は県内・県外問わず見学の方がチラホラ。何でうちを知ったんですか?やっぱりホームページだそうです。ブログもね。それからメールなどの連絡先などがのっていること、など。確かに。自分も気になるところを探す時はやっぱりインターネット。しかも「電話番号のみ」だといきなりかけづらい・・・ブログやメール先がのっていると連絡しやすい。個人農家は企業ではないので、自分自身でホームページを持っている人はまだまだ少な...

市長訪問

本日は豊田市長が、てくてく農園の畑の見学に来られました。その後、ゲストの方2名と地元住民を交え簡単な意見交換会をしました。こんな様子です。市長も来られるとなると役場の方や報道関係の方がズラリと。20~30名ほどいらっしゃったと思います。この人数は最高記録ですね。畑がある集落の合計人数を上回ったのでは?と思います。内容は、中日新聞さんやひまわりTV(1月17日から放送だそうです。)さんなどで様子が報道...

18名の御一行見学

18名の御一行がうちに見学にこられました。団体の名前は「持続可能な社会の心研究会」名古屋大学や南山短期大学の先生、学生さんや地域おこしなどで活動している人たちなど。持続可能な生活や将来の暮らしを考えるという感じで来られました。実際農業の見学に来る!という方は少なく別の方面から、ボクらを注目してくれる人が多いです。学生さんと話していて、自分が学生だったころ、悩んでいたことと全く変わらず、初心を思い出...

農業研修生の受け入れ

ただいま生後120日。あと2か月程度で産み始める・・・予定です。研修生の受け入れを検討中です。いつかやりたいな~と思ってます。まだ始めるわけではありませんので、今あるアイデアです☆・基本的には金銭のやりとりはなし。・住居は応相談(通いができる人だとありがたいな)・食事は提供する。・自然農法や有機農業の野菜・米、自然養鶏(平飼い養鶏)などを中心に学べる。・期間は最長1年間・講義は基本的にはなし。実習が中心...

職場体験

地元の中学生が職場体験に来てくれました。2人。農業をしたかったそうです。あと片づけの写真しか撮れなかった。。。梅干しのシソ漬け。落ち葉拾い。ニワトリの世話。草マルチと多岐にわたる、てくてく農園の作業。普段です。実感したこと。中学生の体力についていけない・・・(笑)疲れた顔はしているものの、まだまだいける!って感じ。僕の方が休憩をほしがっていたような・・・「地元貢献・社会での教育」なんて偉そうなことは...

てくてく農園 見学

先日2件、続けて見学がありました。長野で平飼い養鶏を営んでいる新規のご夫妻。オイスカ中部日本研修センター日本で有機農業を勉強している海外の研修生たち約7~8名。どちらも刺激になります。長野の方とは新規就農したタイミングも同じなので親近感があります。これからもお世話になると思います。オイスカは元職場なので、まだ僕の知っている職員の方が多く、気軽に話せます。違う視点でてくてく農園を見てもらえて自分たち...

福津農園さん

福津農園さんの見学に行きました。やはり自身の勉強のためには、あちこち見学に行く必要があるかと思ってます。逆もしかり。見学ならうちでも受け入れます。ウェルカム。福津農園さん。てくてく農園が理想としている、考えていることの現実系がそこにありました。完全にマネできるわけではありませんが、経営の規模や、中山間地域、気候(標高も近い)、栽培品目などかなり取り入れられる要素はありました。僕らのような新規就農者...