流通の勉強

「野菜を売る・買う」のにたくさんの出荷ルートがあります。基本的なことを整理してみました。① 農家→農協→市場→スーパー→消費者全体の出荷野菜の6~7割はこの感じ。農薬使用・不使用は値段に影響しないため、有機農家はまず利用しません。規格、手数料(農協に2~3%、市場に8.5%)や箱の代金(出荷の際使う段ボール)など決まりがある。ただ、規格にあったものは全て買ってくれるので、農家としては売れ残る心配はあり...

福津農園さん

福津農園さんの見学に行きました。やはり自身の勉強のためには、あちこち見学に行く必要があるかと思ってます。逆もしかり。見学ならうちでも受け入れます。ウェルカム。福津農園さん。てくてく農園が理想としている、考えていることの現実系がそこにありました。完全にマネできるわけではありませんが、経営の規模や、中山間地域、気候(標高も近い)、栽培品目などかなり取り入れられる要素はありました。僕らのような新規就農者...

分業しない

ご縁市での様子です。できるだけ分業しない方が、暮らしは楽しい。農業の中では「生産だけします。流通や販売はひとまかせ」「キャベツだけ作ります。他は人から買う」だと経営や数字は出しやすいけどちょっとおもしろくないなぁ手間や時間はかかっても種まきから、食卓まで。野菜や米、卵や漬物も全部。人が普段食べているものを最初から最後まで。「生きる」ことを分業することは怖いし、おもしろくない。衣食住の「食」はなんと...

勉強会

2つの勉強会に参加してきました。① 有機農業の実際小祝政明さん(ジャパンバイオファーム社長)の講座があって参加しました。小祝さんの本はよく読んでましたが実際に本人の口から聞くのとはまた違いました。印象に残っている言葉とボクなりの解釈を。「○○農法や、××流など、惑わされてはいけない。マネをしたところで、同じ畑ではないし条件が違う。変わらないのは、植物の生態や発育。何をしたら植物の生理に合うのか。また土壌...

栽培技術よりも大事?

先日「福蔵寺ご縁市」に来ていただいた皆様ありがとうございました。初めて知った方、顔見知りの方、まさにご縁に感謝です。さてさて、こういうバザー形式をすると「ポップ(商品の説明)の書き方を勉強したい」と思いました。似たような商品(農産物)が多い中、(自分としては違う”こだわり”は持ってますが)どうアピールするか。販売はそんなに得意じゃないんですよね。農産物に自信はそれなりに持ってますが、自分がアピールし...

福蔵寺ご縁市

福蔵寺ご縁市に出店します。以下に紹介があります。http://asahi-gurashi.seesaa.net/article/234059400.html#comment11月13日(日)10:00~14:00ちょっとお知らせが遅くなりました((-_-;)☆各種ジャム・カキ・干し柿・ブルーベリー・ゆず・ウメ・ウメシロップ(各500~600円)☆農薬不使用のミネアサヒ☆農薬不使用の野菜・わさび菜・かぶ・みずな・小松菜(各200円)などを出す予定です。イベント自体いろんな出店者がいますので...

お米クイズ

干し柿を作りました。今年はとりあえず60個ぐらい。試しにやってます。「日本の田舎」っていう風景が好きです。干し柿自体ももちろん好きです。最近我が家でクイズを出しあっています。それはお米当てクイズ。① てくてく米(農薬・肥料不使用)② 富山のコシヒカリ③ 近所でもらったあまり米「今日はどの白米でしょうか?」とやります。「やっぱりうちのてくてく米は、うまいな!」ってわかればいいんですが、これがさっぱりわか...

きれいなゆずには トゲがある

ゆずです。二人組ではなく果樹のゆずです。収穫する時、トゲに刺さりながらとります。けっこう鋭いです。ゆずが外敵から身を守っているのでしょうか。イノシシの被害も(まだ)あんまりないからやっぱり痛いのかな?ジャムやゆべしなどにする予定です。...

労働者からの脱出

先日、オイスカ中部日本センターで日本の若い有機農業の実践者として講義の一部に参加してきました。http://oisca-chubu.org/JICAの研修員で、アフリカを中心に6名が自国の農業の発展のため日本で研修をしているそうです。日本で言えば県の農業改良普及員のような立場。帰国後、「有機農業を農家に伝えたいが農家がついてきてくれるか」が心配だそうです。日本の一つの事例としてヨコエ夫妻が呼ばれました。海外では農業が中心の...