就農前の研修

秋・冬野菜始まってます。
キャベツだって最初はこんな感じ。
生命力を感じます。


夏野菜 (7)ブログ



「自給的な暮らしの就農がしたい。」

そんな方はけっこう多いように思えます。
僕らもそうです。


とはいえ、全くの素人で成功できるほど
簡単な暮らしでもない気がします。

就農する前に、体験ではなく
あくまで経験として1年ぐらいは、研修を受けて
自分で始めた方がいいように感じます。


僕の場合6年間でしたが、その期間は人によって様々です。


中には「研修する時間がもったいない」といって
いきなり始めた方もいます。

研修で得られる最大のメリットは
「失敗しても生活に響かない」ことかな。

研修先には申し訳ないですが。

思想や技術はもちろんです。
何かと試せたのがよかったな~と振り返ります。

最近では
青年就農給付金の準備型というもので、
最大2年間、150万円×2を国からの補助として得られるそうです。


そんなんいらん!とはいっても
もらえるものは、制度として利用したらいいと思います。

豊田市は、けっこう親身になって就農後も応援してくれます(個人的な感想です)
何より「農的暮らし」や「田舎暮らし」「地域おこし」など
追い風もあります。

まぁ、就農って考えるとハードルは高いですが、
暮らしの一部って考えると、だれにでも楽しめるのが
農業のいいところ。






スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます