臭いのない養鶏場


てくてく農園に見学に来たほとんどの方々は
「臭くない」と話して帰ります。


養鶏農家にとって、これ以上のほめ言葉はありません。
それを目指していますので。


やはり近所から苦情が多いのは
臭いや鳴き声です。
何より臭いです。
人に迷惑をかけずに、ニワトリを飼育したいものです。

てくてく農園がニオイのない秘密(?)とは。
動物のにおいはどうしてもしますけど、
うんちの匂いは避けたいです。


床

ニワトリの足元です。
落ち葉敷き詰めてあって、さらさらの土です。


黒いうんち

うんち自体があんまり臭わないです。
(食事中?の方すみません)

なぜなのか。

とても簡単なのですが、
低カロリー(タンパク質が少ない)のエサにしてるからです。


人間も焼き肉食べた後の
自分のものは、臭い。


米や野菜中心の食生活だと
快適なトイレ生活です。

それと全く同じです。


卵の数を産ませようと、たんぱく質(たいてい魚粉)を多くすると
いいうんちじゃないです。

それ以外にも
「広い部屋に、少ない羽数で飼育する」。

「エサを発酵状態にする」。これは人間が納豆とか味噌を食べるのと似てます。

「おがくずや腐葉土など、炭素率の高いものをエサに混ぜる」など。

「適度な湿度を保つ。雨漏りなどはあんまりよくない」


匂い対策はかなりあります。



まだ始って間もないですが、
この状態を維持していきたいです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント