国産飼料100%の卵

国産飼料100%の卵。
これは全国的に見ても珍しい。

平飼い(鶏舎内での放し飼い)は少ないけどいる。
名古屋コーチンの卵も少ないけど、ある。
有精卵も少ないけど、ある。
でもエサは外国産を一部(大部分?)仕様なんてとろこがけっこう多い。


牛・豚、鶏の現在の主食は
とうもろこしが多い。

このトウモロコシは外国産(アメリカが主)であって、
卵を「とうもろこしの加工メーカーみたい」という人もいるぐらいです。


国産の卵自体は96%は自給しているそうですが、
「エサの自給」という点ではわずかに10%・・・





鶏卵の飼料自給率は10%だそうです。




てくてく農園だとトウモロコシは不使用で、
国産(トヨタ市産)のエサ用のコメを与えています。

平飼いのコメコメ卵、なんていって
1個100円ぐらいするところもあるそうです。


国産のエサ=安全というわけではありませんが、
僕は「顔の見える人から直接仕入れる」ことが大切かなーって思います。


逆に輸入のエサ=ダメではありません。
安い卵を買いたい人もいますので、
「選択の幅を広げる」ことも大切なことかなーって思います。


今のところ
一パック8個入り¥500、に落ち着きそうです。
たぶん。たぶんです。



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント