農業の道

今月はおかげさまで
家賃を払えるぐらいの売り上げがありました。

一つの『生き方』として農業の道が
もっと自然な選択肢に入ったらいいなと思う。


よほど考えがないと
「よし!農業しよう!」という価値観にはなりにくいと思います。

「田舎暮らしいいよね!」とか
「時間に縛られないし、自然もあっていいね!」
とか
いろんな農業のいいところを言われることもあります。
それも事実です。

自分たちで自分たちのご飯をつくる。
それはとても素晴らしいし、豊かだなって思います。


でも農業の道を本気で志す人はまだまだ
一般的には少ないように感じます。

それはなぜか?
やはりお金になりにくいのでしょう。

「これだけやったら、これだけ儲かる」と
びしっと言えたらいいのですが、僕自身まだまだです。

就農したばっかりですが、
すでに自分の後に続く若い人が農業できるように
サポートできるような体制をつくっていきたいと考えてます。

体験や研修での技術指導はもちろん
農や田舎での良さ、悪さも伝えたいですね。

それにはまず・・・

僕らが農家として経営を成り立たせる必要があります。

いくら農業が楽しくても、
経営が破たんしていては持続できない。

経営をせずに、家庭菜園で
楽しくするぶんには、楽しいです。
野菜をつくっても、それなりにできると思います。

しかし、それで生計を成り立たせようとすると
高い栽培技術や気持ちが必要です。

・。・。・

と、偉そうなことを言っていますが
自分自身に言い聞かせている部分が大きいです。

「農業じゃ食べていけないよ」という声は
いまのところ聞き流しています。
作物をつくっている農家が「食べられない」ことはない、、、と信じてますので。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

ええこっちゃ。また手伝わせてくれーい。売り方とか、商品づくりとか。

Re: No title

Thank you very much.
畑が追い付いていない現状はあるが、
客観的な意見を言ってもらえると助かるよ。

> ええこっちゃ。また手伝わせてくれーい。売り方とか、商品づくりとか。