18名の御一行見学

18名の御一行が
うちに見学にこられました。


団体の名前は
「持続可能な社会の心研究会」

名古屋大学や南山短期大学の先生、
学生さんや地域おこしなどで活動している人たちなど。


持続可能な生活や将来の暮らしを考えるという感じで
来られました。


実際農業の見学に来る!という方は少なく
別の方面から、ボクらを注目してくれる人が多いです。



学生さんと話していて、
自分が学生だったころ、悩んでいたことと
全く変わらず、初心を思い出してこちらも楽しかった。

というか、学生だった頃と
現在の自分がそれほど変化していないのかもしれない。



よくブログにも書いてますが、
「地域おこしがしたい、有機農業を広めたい、
社会貢献がしたいなど、全く考えてません。

自分たちが食べたいものを作って、
楽しい暮らしがしたいだけです。

その結果、たまたま耕作放棄地が減少したり、
地域が活発になっています。

スタートは偉そうな意思ではなく、
個人的な小さな気持ちです。

それをずっと大事にしたい」



「世界が平和になったり、
貧困がなくなればいいとは思ってます。

理念として持っていて、
活動するのは本当に小さなこと。

自分が楽しくて、奥さんが幸せで。
地域や自分の農園が楽しくなって、
それができれば、それが一番いい。

自分自身、家族、地域も幸せでないのに、
世界は良くならない。
と思っています」





改めて人に話すのは
自分の心の整理にもつながります。

見学希望の方、どうぞお待ちしてます。



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント