とことん小さい農家

たまごの販売が始まってから、
数字の面でも明らかに違います。



3月は20万円弱の売上。
卵だけなく、イベントや受け入れも多く
大変でしたが、数字には出ますね。



これぐらいあれば、なんとか
「農業を生業として暮らせる」
というラインです。




3月は野菜の売り上げがない中、
よくやったと思います。

一日だいたい5パックぐらい売れるので
(一日ゼロの日もあるし、20パックぐらい売れる日も)

それが一ヶ月30日あるので、
さぁ、いくら。という感じです。




数字を伸ばすこと自体が
僕ら夫婦の目的ではないんですが、

「農業で暮らせるの?」っていう
問い合わせの一つの答えにはなるかなと思い
ブログに書いてます。




経営面で大切にしていることは
「とことん小さい農家」です。


たまごの専門でもないし、野菜だけでもない。
必要以上に機械化することもしないし、
従業員を雇う気もない(研修生はその内)。

あくまで夫婦二人が楽しく暮らせる
自給の延長の”おすそわけ”
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント