改良かまど

『改良かまど』

知り合いから譲っていただきました。

改良かまど (2)

まだしっかりしている。

改良かまど

ひとまず屋外でのイベントなどで活躍してくれそうです。
めっちゃ重いので、4人ぐらいで移動させました。


改良かまど。
(僕の認識が正しければ)
戦後、女性の生活改善を行おうと
生改さん、と呼ばれる女性の指導員が
農村を歩いて普及させたそうです。

現在では農業改良普及員、という枠組みになってます。

・すごくかがまなくてもいい。腰に来ない
・灰を吸い込みにくい。
・煙突(写真にはないですけど)の熱で部屋が暖かい。

など画期的だったそうです。
ガスの普及に伴い、衰退はしていきましたが、
一昔前の世代の方は
「懐かしい」との声。



お釜と煙突はありませんので、
どこかで調達したいです。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント