ダイコンサルハムシの脅威

がっつり日に日にレース状になっていく
小松菜やみずなたち。

全滅に近い。


犯人はこやつ。
ダイコンサルハムシ。

だいこんさるはむし


去年よりきちっと防虫ネットを張りました。
おかげでシンクイムシとかの被害はないです。

が、こやつは強い。
手でとるには限界があります。
アブラナ科の代表害虫として、みなさん苦労されているみたいです。

害虫には主に
①飛行部隊
②歩兵部隊


と2種類。

飛行部隊は主に「ガ」「ちょう」など。
卵を葉っぱに産んで、幼虫(青虫やヨトウ虫など)になります。
基本的にはふしょくふや防虫ネットで防げます。

ポイントは種まきからネット張りまでが一連の作業ですね。
芽が出たらネットをはる、とかはNG。


歩兵部隊の代表である
ダイコンサルハムシ。飛べません。他にはばった、こうろぎなど。
草や枯れ草から歩いてやってきます。

土とネットの隙間などがあれば
そこから侵入します。
秋の20度前後が好み。

ポイントは周囲をきちっと草取り草刈をすることですね。
肥料をあげすぎない。隙間なくネットをはる。



人事を尽くして天命を待つ、という感じです。
やるだけやって、喰われたのあれば、しょうがない。
だって自然相手なので。

やることやらずに喰われたのであれば
自分の実力不足。

毎年勉強です。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント