ただ悲しい

福島県川俣町山木屋地区
計画的避難区域でになって、4年。

役場のあるところは避難区域ではないので
あまり耳にしたことがないかたもみえるかもしれません。

22歳、

はじめて田植えをしたのも
はじめて稲刈りをしたのも
はじめて牛の出産に立ち会って感動したのも
はじめてニワトリのお世話をしたのも

すべて山木屋でした。


冬になれば地元住民で
田んぼにスケート場も作っちゃう地区。

1000人ちょっとが暮らす小さなところでしたが
今の自分があるのは、ここでの経験があるから。

10年も前のことなので、僕のことを
覚えていてくれる農家さんや住民も少ないでしょうが

今、胸を張って
あのときの若造は愛知県で農家になったよ
と言いたいですね。



でも

その言いたい人たちが
いまそこで暮らしていない、暮せない現状に
ただただ悲しいです。

さみしいです。
第2のふるさとが変わってしまった


難しいことはよくわかりません。
何か活動ができればいいのですが
皆様が無事に元気に暮らせていることを祈るだけです。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

ご無沙汰しています。

久しぶりにブログを拝見したら、ちょうどこの話題でしたので。。

私も、山木屋で大学3年の夏に一か月間過ごし、震災前の11月にも
収穫祭で訪れていました。

そんな自分の第2のふるさとのようなところが、避難区域になっていることは、私としても本当にやるせない気持ちですし、全く他人事とは思えません。

年に一回役場の橋本さんとはお会いしていますが、その際に山木屋の様子はなんとなく聴いており、皆さんがどう暮らしているのかを伺うことで、少し安心します。

また、山木屋に関わった皆さんと、現地にてお会いできることが一日も早く来るように、祈っているところです。

Re: No title

いべちゃん

橋本さんも元気そうでよかった。
年賀状のやり取りぐらいはしているけど、
やっぱり会いに行かないとね。

何かのタイミングで訪れたいな、とは思っているところ。
ここに少なくとも川俣のファンが二人いるっていうことは伝えたいね。



> ご無沙汰しています。
>
> 久しぶりにブログを拝見したら、ちょうどこの話題でしたので。。
>
> 私も、山木屋で大学3年の夏に一か月間過ごし、震災前の11月にも
> 収穫祭で訪れていました。
>
> そんな自分の第2のふるさとのようなところが、避難区域になっていることは、私としても本当にやるせない気持ちですし、全く他人事とは思えません。
>
> 年に一回役場の橋本さんとはお会いしていますが、その際に山木屋の様子はなんとなく聴いており、皆さんがどう暮らしているのかを伺うことで、少し安心します。
>
> また、山木屋に関わった皆さんと、現地にてお会いできることが一日も早く来るように、祈っているところです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 福島から来ました

とっち!!!
めっちゃ懐かしい&うれしい!
メッセージありがとうね(*^_^*)

岡崎に来たんだね!お隣の市です。
ぜひぜひ会いましょう。

地元を離れるって勇気いるよね。
思うところあると思うけど、
こちらもいいところです。

てくてく農園
横江克也・晴菜