愛を語る

夏は見学の方が多く来られました。

自分で鶏舎を案内していて
気づきました。

ニワトリへの愛を語っている自分に。

あやさん


とにかくニワトリが生き物らしい
暮らしを営むことができるか、
ということにつきます。

どうしても値段は高くなってしまいますが、
ニワトリの暮らしの質を下げるわけにはいかないので。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント