4歳と半年

廃鶏がいない。

うちの養鶏の特徴かもしれません。

普通は1歳と半年ぐらいで
その群れ全員、お肉として出荷します。
どうもドックフードなどになるそうです。

気づいたらうちの一番古株のニワトリさんは
4歳と半年。

家畜の中では相当長生き。

卵を産む数が少ないだけで
(時々は捌きますが)お肉にすることが忍びなくて。
経営的にはマイナスなのは
わかっているんですけど。

それでも4歳あたりから
体調を崩し、死ぬのもいます。
老衰とか、お迎えが来たな~という感覚です。

最後まで看取る。
僕に合った飼い方かもしれません。




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント