耕すのか不耕起か

「うちは自然農だから
草もとらないし、不耕起だよ」

っていう人もいます。

問題は作物が健康に育ち
手間がかからなければ、それでいいと思います。



はじめて不耕起の畑というものをしています。
去年残っている畝の土の表面を
『削る』感覚で草をとる。


決して混ぜない。
混ぜると青草が土の中に入って
作物にとってあまりいい成長にならないから。特に人参や大根など



農業始めてず~っと
毎年(もしくは年2回)トラクターで耕してました。

おかげて機械には多少強くなりました。

しかし、その後に待っている
畝立て。
これがけっこう時間かかる。
それに雨が降るとぐちゃぐちゃになる。


以前は人がたくさんいる
研修センターで働いていたから、
別に気にならなかったけど、
一人になると、手間とか効率のいい労働を考えるようになった。


前作の茎を燃やす(ナスや大豆など)→堆肥まき→トラクター、→畝立て(青草を畑の外にだす)→種まき



から



前作の残りを畝間へ(これが時間をかけての堆肥)→畝の上を削る→種まき



となりました。畝間の草は、多少あっても気にしません。
むしろ、あった方が排水がいいことに気づきました。



さて、このやり方がうまくいったら
(全ての作物に対してやるかどうは置いといて)
トラクター君は田んぼだけになるな~






スポンサーサイト

コメント

非公開コメント